pl-2013208915319

知らないとマズイ!?服装のルール(コース編)

「これからコースデビューだ!」
そんな時、服装について迷う方も多いのではないでしょうか。
ゴルフには、最低限押さえておかなければならない服装のルールがあります。
当日恥をかかないためにも必ずおさえておきましょう。

絶対におさえなければいけない服装マナー
絶対におさえなければいけないのは、以下の二つです。
・襟付きのシャツであること
・ベルトの通せるものでジーンズやジャージは×

Vネックのおしゃれなシャツなど、他スポーツで許されるものでもゴルフではマナー違反となってしまいます。
近年はカラフルでおしゃれな服装も見かけるようになりましたが、あくまでマナーやエチケットをおさえたうえでのコーディネートです。
それではそれぞれについて見ていきましょう。

ウェア編
上で述べたように絶対におさえなければいけないのは、「襟付きシャツの着用」です。
できればポロシャツがベストです。
近年はゴルフショップなどで比較的カジュアルなシャツも見かけますが、初心者の方はできるだけそれなりにきっちりとしたポロシャツがベターです。
季節でいえば夏は半そで、秋は長そで、冬は長そでのポロシャツの上にベストが一般的です。
肌寒い場合はインナーにヒートテックなど、内に着込むことで温度管理するといいでしょう。

パンツ編
パンツで絶対におさえなければいけないのは「ベルトが通ること」と「ジーンズやジャージを避けること」の二つです。
できればスラックスやチノパンを着用しましょう。
その際、スポーツ場面で使うことを意識して動きが制限されないものを選んでください。
ベルトに関しては、カジュアルすぎるものは避けるようにしましょう。
冬はウェアと同様で内にヒートテックのタイツなどをはくと、シルエットを崩さずに寒さを防ぐことができます。

帽子編
帽子の着用は、ルールとして明文化されてはいませんが、基本的には着用するようにしましょう。
一般的にはサンバイザーやキャップ型を着用することが多いです。
(麦わら帽子はもちろん×)

シューズ編
ウェアやパンツ、帽子に関しては必ずしもゴルフ専用のものを購入する必要はありませんが、シューズに関してはゴルフ専用のものを購入するようにしましょう。
ゴルフシューズはソフトスパイクが一般的で、底面にはスパイク(地面をつかむための凹凸)がついています。
スニーカーやランニングシューズでスイングを行おうとすると、芝が滑りやすいのでショットが安定しないばかりか、転倒の危険が伴います。
雨の日や朝のラウンドでは特に注意が必要です。
自分のためにもシューズは、事前にゴルフショップで購入するようにしましょう。

最後に
上記の内容は男性と女性どちらにも言えることです。特に女性の場合は、露出を控え上品さを出せるように意識するといいでしょう。
このようにコースに出る際は、他のスポーツと違い服装におけるさまざまなマナーが存在します。せっかく練習を積んでいっても服装で印象が下がってしまうのはもったいないです。
またゴルフ場ごとにドレスコードが指定されている場合もあるので、必ず事前にゴルフ場のサイトから確認しておきましょう。
初心者の方はどのような恰好をすれば良いか分からなくなりがちですが、襟付きのシャツとチノパンであれば間違いなくクリア出来ます。
「ゴルフ=マナーが厳しい」を持たれたかもしれませんが、決して堅苦しいものではなく、ゴルファー同士が気持ちよくプレーするための「心構え」に該当するものがほとんどなので、しっかり準備してコースに向かいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 浜岡ビューティーマッチ!女子アナゴルフ部特訓中
    浜岡ビューティーマッチ!女子アナゴルフ部特訓中(SBS静岡放送)出 演柴田英嗣(…
  2. pl-2013201702583
    コースではグリーンやバンカーなど地面によってさまざまな名称があり、それぞれに守らなければいけないマナ…
  3. pl-2013207725897
    コースでは守らなければいけないマナーが多数存在します。コース全体での基本マナーを確認しましょう。…
  4. pl-2013203835799
    ゴルフではコース上のマナーに気が向かいがちですが、実はゴルフ場に向かう恰好にも決まりがあります。…
  5. pl-2013208915319
    「これからコースデビューだ!」そんな時、服装について迷う方も多いのではないでしょうか。ゴルフ…
PAGE TOP