pl-2013207210728

ドライバーの打ち方

ゴルフクラブはウッド系クラブ、アイアン系クラブ、パターに分かれます。そしてそれぞれのクラブが違う機能を持っています。ウッドが距離を稼ぐクラブ、アイアンは距離を合わせるクラブ、パターはパット専用クラブといった具合です。そしてプレーヤーはそれぞれの場面において最適のクラブを選んで結果を求めます。
ウッド、アイアン共に距離が出る方から順に番号が振られていて、ウッドの1番がドライバーです。

朝一番のドライバーで打つティーショット、快心の当たりで思いどおりのボールが飛んでくれれば、これほど爽快なことはありません。その日の好スコアは約束されたようなものですよね。でも現実はそれ程甘くないのも確かです。
ドライバーは一番飛ぶクラブですが、一番難しいクラブでもあるのです。飛ばすための工夫がされていて、それがドライバーを難しいクラブにしているともいえます。
ここでは飛ばすための工夫とそれを活かしたドライバーの打ち方について考えてみます。

・ドライバーはクラブの中で一番長い。

クラブスイングは円弧を描きます。体の中心を軸とした円運動でボールを飛ばすのですが、円運動では中心から距離が離れるほどスピードは速くなります。つまりクラブが長くなるとヘッドスピードが上がることになるのです。
長いクラブをさらに長く使うために、ドライバーのスイングはできるだけ大きなスイングを心掛けます。大きなスイングは大きな円弧を描き、飛距離に必要なヘッドスピードを上げてくれます。
大きなスイングを完成させるためにはフォロースルーを大きく取る必要があります。ゴルフのスイングはダウンスイング以降は一瞬のうちに行われます。フォロースルーでは腕を目標方向に伸ばすことを意識してスイングを始めるようにしてください。

・自分に合ったフレックスでしなりを利用する。

シャフトのしなりやすさをフレックスといいます。ドライバーの飛距離はシャフトのしなり具合で大きく変わってきます。シャフトをしならせてその反動を利用してボールを飛ばすのです。しなりが少ないとボールは飛ばなくなり、しなりが多すぎると方向性が悪くなります。適度なしなりは飛距離には欠かせませんが、プレーヤーの力加減には個人差があり一定ではありません。そのためクラブメーカーでは同じクラブでも数種類のフレックスのクラブを用意してその中からプレーヤーに合った固さのクラブを選べるようにしています。

クラブにしなりを作るためにはバックスイングからダウンスイングにかけてちょっとしたコツが要求されます。
バックスイングの始動は、クラブに近い方から行います。腕、上半身、下半身の順です。逆にダウンスイングではクラブに遠い方を先に動かします。下半身、上半身、腕、の順になりますが、ムチを使うとき、鞭の先が真っ直ぐになるまで待ってムチを振り降ろすイメージです。下半身から動かすことにより上半身との間に時間差が生まれタメとなってクラブがしなるのです。
この動きを下半身リードといい、ドライバーで効率よくボールを飛ばすためには欠かせない動きです。最初はなかなか上手くできませんが、少し極端な練習、例えばダウンスイングでクラブから動き始めないよう誰かに押さえておいてもらうとか、一本足打法でステップを踏みながら下半身リードの感覚をつかむのも一つの方法です。

・しなりの反発は体を止めるイメージで。

うまくドライバーをしならせることができれば、次はしなりの反発を上手くボールに伝えます。
ムチで何かを打つ時をイメージすれば分かりやすいと思いますが、打つ瞬間はムチを持った手は止まっています。手を止めてムチのしなりの反動を利用して打つと一番力が加わると分かっているからです。
ドライバーのスイングも同じことがいえます。下半身リードで先に動いている下半身を上半身が、上半身を腕とクラブが追いかけますが、ボールに当たる直前で腕が上半身に追い付き、クラブが腕に追い付きます。丁度腕を止めてクラブのしなりでボールを打つ感覚です。このときコックを使う人はコックを解いてやればさらに効果的にボールを飛ばすことができるのです。

・ドライバーヘッドの反発係数を有効利用-芯で打つために。

ドライバーに限った話ではありませんが、クラブの芯でボールを打ってこそクラブの機能を最大限引き出すことができます。
クラブメーカーの努力によってドライバーの反発係数は規制が掛るほど引き上げられました。スイートスポットも広くなり、少しぐらい芯を外してもボールは飛んでくれますが、芯でとらえたボールとはやはり比較にはなりません。

ボールを芯でとらえるためにはセットアップの作り方が重要になります。セットアップではスタンスをとりアドレスをとってボールを打つ体勢を作りますが、スタンスの広さ、ボールとの距離、肩の向く方向が常に一定になるよう毎回注意を払います。

・ティーアップ

ティーインググラウンドではティーアップができます。そしてティーの高さは球筋に影響を与えます。
上級者になるとティーの高さを調節して、高いボールや低いボールを打ち分けるますが、初心者の方はティーの高さは一定に保つようにしてください。ティーを刺してボールを載せた時点で必ずクラブヘッドをあてがってティーアップの高さを確認するようにします。

ドライバーは一番難しいクラブです。上手く打てなくてもあせらず根気よく練習をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 浜岡ビューティーマッチ!女子アナゴルフ部特訓中
    浜岡ビューティーマッチ!女子アナゴルフ部特訓中(SBS静岡放送)出 演柴田英嗣(…
  2. pl-2013201702583
    コースではグリーンやバンカーなど地面によってさまざまな名称があり、それぞれに守らなければいけないマナ…
  3. pl-2013207725897
    コースでは守らなければいけないマナーが多数存在します。コース全体での基本マナーを確認しましょう。…
  4. pl-2013203835799
    ゴルフではコース上のマナーに気が向かいがちですが、実はゴルフ場に向かう恰好にも決まりがあります。…
  5. pl-2013208915319
    「これからコースデビューだ!」そんな時、服装について迷う方も多いのではないでしょうか。ゴルフ…
PAGE TOP