pl-2013201702583

コースでのプレイマナー(グラウンド編)

コースではグリーンやバンカーなど地面によってさまざまな名称があり、それぞれに守らなければいけないマナーが存在します。
基本的にそれらは環境を守るためや、次に打つ人に配慮するためといった理由があります。しっかりと確認しましょう。

グリーン上でのマナー
グリーンは芝がとても繊細で、とても傷つきやすいです。
そのため傷を与えないよう細心の注意を払いましょう。
そのために気を付けるべきことは以下の通りです。

使えるのはパターのみ
グリーンではパター以外は使ってはいけません。
パター以外を使うとグリーンに傷がついてしまいます。
少しの傷でもボールの軌道は変わってしまうので、傷つけないようパターのみを使うようにしてください。

走らない
走るとゴルフシューズのスパイク部分で地面を傷つけてしまいます。
ファストプレーを意識するのは大事ですが、グリーンの上では決して走らないようにしてください。

ボールマークを直す
グリーン外からボールを打ち込んだ際、グリーン上に落ちたときにボールの跡が残ってしまうことがあります。
グリーンフォークで芝を寄せて直しましょう。

旗はできるだけグリーン外へ置く
旗が近くにあるとパッティング時に邪魔になることや、ボールが当たって起動が変わってしまうことがあります。ボールをカップに入れるのに邪魔になるので、旗は外します。
このくらい離せば大丈夫だろうと勝手に決めずに、グリーン外に置くようにしましょう。)

ボールを打つ人の視界に入らない
ボールを打つ人から離れて待つようにしましょう。
その際に視界に入ったり、影が入ったりすることも打つ人の邪魔になるので、妨げにならない場所で静かに見守りましょう。

バンカーでのマナー
多くのプレーヤーにとって難所であるバンカーにもマナーがあります。
以下のことに気をつけましょう。

砂をならして出る
バンカーの周りには、レーキと呼ばれる砂をならすための道具が必ず置いてあります。
バンカーショットのあとは、それを使ってショットの跡が残らないようにならしてから出ましょう。
その時に自分の足跡が残ることもマナー違反なので、自分の足跡などをならしてから外に出ましょう。

傾斜の低いところから入る
バンカーの高いところから入ると、土手の砂が崩れたり、芝を痛めたりします。
また、高いところは急斜面になっていることも多く、危険です。
そのため、バンカーに入る際は低い部分から入るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 浜岡ビューティーマッチ!女子アナゴルフ部特訓中
    浜岡ビューティーマッチ!女子アナゴルフ部特訓中(SBS静岡放送)出 演柴田英嗣(…
  2. pl-2013201702583
    コースではグリーンやバンカーなど地面によってさまざまな名称があり、それぞれに守らなければいけないマナ…
  3. pl-2013207725897
    コースでは守らなければいけないマナーが多数存在します。コース全体での基本マナーを確認しましょう。…
  4. pl-2013203835799
    ゴルフではコース上のマナーに気が向かいがちですが、実はゴルフ場に向かう恰好にも決まりがあります。…
  5. pl-2013208915319
    「これからコースデビューだ!」そんな時、服装について迷う方も多いのではないでしょうか。ゴルフ…
PAGE TOP